その他(雑技・下ネタ)

アフリカの魅力を伝えたくて伝えたくてたまらない【おいでよアフリカ】

はい、じゃんぼー!ケニアで体育教師
Kyosuke@kyosuke_0724)です。

 

 

皆さん、アフリカに対してどのようなイメージをお持ちですか?それぞれ大体のイメージがあると思いますが、訪れたことの無い人は素直にこういったことを考えるのではないしょうか。

 

貧困、危ない、テロ、強盗、感染病

 

まさにマイナスのイメージですよね。実はこれらのことは私がアフリカへ行く前に勝手に想像していた「アフリカのイメージ」です。

しかし、一歩足を踏み入れると前述したイメージとは全く異なっていると実感したんですよね。

今回はそのアフリカの地で生きる日本人のTwitterなどを参考にしながら、アフリカの魅力に迫っていこうと思います。

 

はじめに

まずこちらをご覧下さい『アフリカのイメージをぶちこわす?!』

今回こちらの記事を書くきっかけになったのが河野リエさん(@KawanoYOME)の以下のツイート&Note。まずはこちらをご覧になってください。(正直これを見るだけでアフリカに対するイメージがドカンッと変わるでしょう)

 

優しい。とにかく優しい

もうねアフリカ全土かどうかは分かりませんが、私が訪れたケニア、エチオピア、タンザニアに住む全ての方が優しくてハートフルなんですよね(ハートフルの使い方あってんのかな)。もちろん中にはね、強盗する人や平気に嘘をつく人がいるにはいるんですけれども、基本的に優しい方ばかりです。

 

私がマサイ族の村へいった時なんて、マサイの方が瀕死状態のヤギに人口呼吸していたぐらいですからね。この光景を生で見て驚きましたね。もちろん良い意味で。

 

発想が斜め上をいっていて笑ってしまう

アフリカは日本とは考え方や発想が180度違うので毎回本当笑かしてくれます(笑)。日本人の想像を越えるような面白い出来事に毎日直面しますからね。

[voice icon=”http://kyosuketokunaga.com/wp-content/uploads/2017/09/IMG_6500-1-e1506019042370.jpg” name=”Kyosuke” type=”r”]こんなこと日本では普通起きませんよね[/voice](笑)

 

アフリカ漫画もご覧ください

先日Twitterでフォローさせていただいた西アフリカベナンに住むアフリカ系男子ナイケルさん@Naikel0311)。

アフリカで起こるリアルなオモロい話・出来事を漫画に描いているのですが、この漫画が本当に起こりうる話ばかりでむちゃくちゃ共感できるんですよね。

 

 

 

これらの事はケニアでもよく起こります。日本では滅多と(いや、全く)起こらないですよねこういうこと。本当毎日笑かしてくれます。

 

言わずもがな自然が多い

もう言わずもがななんですが、自然がたくさんあります。(ただ西アフリカと東アフリカ、地域によって大分異なりますが)

ケニアなんかは首都などの都会を除いて、緑緑緑だらけです。

 

海もむちゃくちゃ綺麗?!

東アフリカはインド洋に面しているので、もうビックリするほど綺麗なんです。特にタンザニアのザンジバル島なんかは、「ええ!!ここ本間にアフリカ?!」と目を疑うような綺麗な海が広がっていてビックリしました。

 

関連アフリカ1のリゾート地?! ザンジバル島に行ったけどマジで最高だった【観光・宿情報あり】

 

アフリカに来ると心に余裕ができる?

ケニアだけでなく、アフリカの方々は日本と時間の使い方が全く異なり、毎日をゆ~っくりと過ごしていきます。

[voice icon=”http://kyosuketokunaga.com/wp-content/uploads/2017/09/IMG_6500-1-e1506019042370.jpg” name=”Kyosuke” type=”r”]ケニアではこの文化を『ポレポレ文化』と言いますね[/voice]

ポレポレとはスワヒリ語で「ゆっくり」という意味。

毎日をゆっくり過ごしているせいか、日々のストレスを全く感じていない人が多い印象を見受けられます。特に私の学校の校長先生なんかはこうですからね。

 

日本の月曜日ではこうもいきませんよね。本当毎日ストレスフリーなケニアの方々を見て、私自身も日本にいるときとは比べ物にならないくらい心に余裕が出来ました。

[voice icon=”http://kyosuketokunaga.com/wp-content/uploads/2017/09/IMG_6500-1-e1506019042370.jpg” name=”Kyosuke” type=”r”]といっても元々スーパーハッピー野郎ですが[/voice]

もし心に余裕が無いな~と感じたら、この文化を体験しにケニア(アフリカ)へ訪れてみてはどうでしょう。

 

自分の本心に向き合える

ケニアの方って、その時自分がやりたいと思った事に対して素直に行動するんですよね。

この仕事面白くな~いと思ったらすぐ投げ出すし、お金ちょうだい~なんて普通に言ってきます。私の学校の生徒も思ったことをすぐ口に出し、腹が立ったらすぐ殴ります(笑)。

 

最初はイラッとすることも多かったですが、言い換えてみると自分の心に従って直感で動いているな~と感じる訳なんですよね。

日本人であれば思った事を口に出すのは躊躇したり、空気を読むなんてことは当たり前の文化ですよね。しかし、ケニアは違います。

 

約2年間住んでいるので、私自身もケニア人のように心の声に従って行動するようになりましたね。将来何をしたいのか、どういった生き方をしたいのかも気づくことができました。

関連教員になるのを辞めた本当の理由はこの3つ

 

さいごに

 

さいごに一言だけ言わさせてください。

 

アフリカブームはこれから訪れます。

まあ私の勝手な憶測ですけどね。ただ2年弱住んで感じる訳なんですよ。可能性が秘めていると…。今後は今以上に観光客なども増えるだろうと勝手に思っています(笑)

という訳で今回も最後までありがとうございましたー!

Asante sana

ABOUT ME
德永 京將(KYOSUKE TOKUNAGA)
德永 京將(KYOSUKE TOKUNAGA)
小中高大16年間ラグビー部でした。大学卒業後は新卒ブランドを捨てて、沖縄に住んだり、JICA青年海外協力隊になったり、世界をふらっと旅したり、「やりたいことやる」人生にしています。人生なんとかなります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください