教員になるのを辞めた本当の理由はこの3つ

はい、じゃんぼー!ケニアで体育教師
Kyosuke@kyosuke_0724)です。

 

 

 

 

 

タイトルを見て驚かれた方もいらっしゃるかと思います。私

 

 

教員になる事を辞めました

 

 

スポンサーリンク

はじめに

 

私が海外ケニアで教員を始めた理由は

 

Kyosuke
おもろい教員なるには色んな経験しとかなあかんやろ!まずは海外で教員やー!!

 

といったきっかけが始まりでした。

多くの教員志望者は大学卒業後、すぐ日本の教育現場で働くことが一般的ですが、色々な経験を積んでから教員になった方が魅力的でしょ!と考え、海外に飛び出しました。

 

こんな私が何故、教員になることを辞めたのか。それはいくつかの理由があります。

 

ケニアに来て色んな人と関わり視野がもの凄く広がった

 

ザックリ言うと、これなんです。

 

視野が広がった

 

ケニアに来てから今まで出会えなかったような方々とお話する機会がたくさん増えました

ケニアで起業している人、元警察官、現役教員、現役大手企業に属す方、旅をしながら仕事をしている人、日本の起業家。本当さまざまな方々とお話をして、自分の視野の狭さに気づくことが出来たんです

 

そして、自分に問いただしてみたんですよね。

Kyosuke
教員採用試験を受けてまでして私は本気で教員になりたいのか?

 

何が何でも教員になりたい!そんな気持ちになれていない自分に気づきました。では、どうして教員になることを諦めたのか。具体的な理由は以下の3つです。

 

理由その1:時間が無さ過ぎる

ケニアに来てからもたくさんの教員の方々とお話をしました。ただ皆が口を揃えて言うことがあるんですよね。それがこちら。

 

 教員は
時間が無さ過ぎる 

 

高校時代お世話になった先生も言っていましたね。「今日本で最もブラックなのは”教員“や

当時は、そっか~ぐらいにしか考えていませんでしたが、いざしっかりと教員の方々にお話を聞くと

 

れはそれは時間が無いみたいなんですよね。

 

部活動が本当にブラック

これ本当どうにかなんないんですかね。

教えることが本気で好きで「全国大会目指すぞー!」と意気込んでいる先生は特に問題ないでしょうが、皆が皆それほど高いモチベーションを持っているとは限りません。

 

平日の放課後はもちろんのこと、せっかくの休みの土日でさえ部活動。学校に出向いて生徒を指導しなければならないそうです。さらに酷いのはその際の手当て。これが本当、割りに合わないほど低いそうです。

 

 

一生懸命働くのが「美徳」ってのは理解できますが、さすがに好きでもないこと(部活動)やって休日出勤してまで働きたくない

 

そう思うんですよね。

間が無さ過ぎる。これが一つ目の理由です。

 

理由その2:学校の外から関わっていきたい

 

ケニアで出会った方々は、現役教員の方であったり、元教員の方々が割と多いです。そんな方々と喋っていると、皆が口を揃えてこう言いますね。

  • 教育するのが楽しい
  • 授業するのが楽しい

 

教員にとって最も大事な仕事が教育・指導ですもんね。ただ、教育実習に行ってみて分かったんですけれども、私

 

「指導する」
「授業する」
といった部分に楽しみを全く
感じれなかったんですよね

 

私はただ【生徒と関わる】【相談に乗ってあげること】が好きだったんです。

 

別に学校でなくても生徒と関わることが出来る

そして昨今、別に教員ならずとも生徒・学生と関わることができるお仕事はたくさんありますからね

学童保育指導員なんて毎日と言って良いほど子どもと関わることが出来ます。

 

今やネットも普及してオンラインで学生と関わることだって出来てしまう世の中ですからね。

 

私自身、月に何度か学生から相談を受けることがあります。

学生よ!人生相談・進路相談等どんな悩みでも私がのったんで

2018.10.19

 

視点を変えて、自分で「学生が集まるコミュニティスペース」なんかを作ってみるのも良いかもしれませんね。

 

私自身、学校の外で学生と関わっていきたいと思えましたし、もっと広い世界で生きていきたい!そう思いました。

 

育が好きじゃなくてただ “学生と関わる” のが好きなだけ。それだったら学校の外から関われるじゃん!そう思ったのが2つ目の理由になります。

 

理由その3:幸せになるため

 

先生
なんだと!教員は幸せでは無いと言うのか!

 

と感じる方もいらっしゃるかと思いますが決してそういう意味ではありません。

「教員」といった職に就いてしまうと、私が理想とする「幸せ」を得る事が出来ないと考えたんですよね。生きる上、仕事をする上では以下のことがとても大切なことだと私は思っています。

 

何に幸せを感じるか

 

海外に住んでみて、色々な価値観に触れてみてどういったことが自分にとって幸せなのかを見い出すことができました

 

家族と共に過ごす時間が幸せ

私の場合、最も幸せに感じることは家族と多くの時間を過ごすこと

 

男の子
ってまだお前、家族どころか結婚すらしてへんやんけ

 

そう、そうなんですけれども、海外に住んでみて感じた訳なんですよ。ケニアの方なんかは家族と過ごす時間をとても大切にしていますからね。

 

末休みの日なんかは地元に帰って海水浴週末ディズニー二泊三日で沖縄旅行仲良い家族と一緒にキャンプ。こういった事を行い、子ども達とガッツリ時間を共有することが私にとって一番の幸せだろうなと思いました

 

教員になってしまうと、この自分にとっての幸せを現実化するのは難しいと考えたのです。

 

せになるため。コレが3つ目の理由になります。

 

さいごに

 

  • 時間が無さ過ぎる
  • 学校の外から関わっていきたい
  • 幸せになるため

 

以上3つ。私が教員を諦めた理由になります。

 

員は本当にやりがいのある仕事だと思います。私がこういった人格が形成できたのも、これまで出会った教員のおかげですからね。

【名言】大人になった今でも忘れられない中学担任のあの言葉

2018.05.19

 

しっかり大学も卒業し、教員を夢見て教員免許を取得した私ですが、今の日本の教育現場で毎日楽しく過ごすことは到底無理だろうなと感じました。

 

人生なんてシンプルですからね。やりたいと思わない事はやらなくても良いんです。

 

 

ケニアに行く前、親に

Kyosuke
帰国したら日本で教員なるから安心しとってやー!

と言って日本を飛び出したので、この事を知ると親もビックリするかもしれませんね。ただ、自分のやりたい事をやっている事が一番の親孝行だと私は思っています

 

 

教員諦めてどうすんの!私のことをよく知る方々はこう疑問に思うでしょうね。それはまた別の機会に記事で話そうかと思います…..

 

という訳で今回も最後までご覧頂きありがとうございました!

 

人生は一度きり!自分が何をしている時にワクワクするか。どんな時に幸福を感じるか。そこを追求していきましょう!

Asante sana

 

将来の夢、やりたいことが見つからないのは当たり前。心配しなくても良い

2018.11.06

自分を生きろ!人生を充実させる第一歩は付き合う人を変えること

2018.07.28

就活生に告ぐ!あなたはそのまま就職して人生を楽しめるか?

2018.07.10

私が海外生活にこだわる3つの理由

2017.12.01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください