生き方

集団行動・組織に属すのが苦手だった私はこの方法で人生を上手くやっている

はい、じゃんぼー!ケニアで体育教師
Kyosuke@kyosuke_0724)です。

 

 

[voice icon=”https://kyosuketokunaga.com/wp-content/uploads/2018/11/ewgwg.png” name=”女の子” type=”l”]集団行動が嫌い[/voice]

[voice icon=”https://kyosuketokunaga.com/wp-content/uploads/2018/08/boy_07.png” name=”男の子” type=”l”]組織に属すのが嫌い[/voice]

 

このような悩みを抱えている人は日本にごまんといるでしょう。実は私もそうなんです。今回は大の集団行動苦手男である私が、そういった悩みを打破する術をいくつかご紹介したいと思います。

 

属すのが嫌なら組織のトップになれ

冒頭でも述べた通り、組織に属すのが大の苦手な私。でもなぜ属すのが苦手なのか?

実は上から指図されるのが本気で嫌いなんですよね。組織に属してしまうと必ず上からモノ言う人がいます。まあ自分自身がミスなど犯してしっかり叱ってくれる存在がいるのは大変タメになるんですけれどもね。

 

ただ自分の性には合わないと思う訳で….

 

中学・高校と部活動のキャプテンをした私

その現状を打破する方法は自分がトップに立つしかない!と思い、中学・高校ではラグビー部のキャプテンを務めました。まあキャプテンになった理由は、ただただ全国大会に行きたかったといった理由も大きいのですが…

関連:キャプテンに大事なこととは?主将として全国大会に出た私が伝えたい5つのこと

 

組織の一番上に立ったからと言って、ふんずりかえってあれこれ命令していた訳ではありませんよ。しかし出ていた杭はしっかり打ちましたし、新たな杭を打ったりすることも多かったです。

 

集団や組織の一員では無く組織のトップになる。考え方は逸脱ですが、この方法が私にとってもピッタリな解決策でした。


スポンサーリンク

個性は大事

先ほどは行動の面で私が起こしたムーブメントですが、次は気持ち(メンタル)の部分です。

 

他の人と違った事をしてはいけない
周りに合わさないといけない

 

日本の教育は、こういった事を小さい頃から叩き込まれます。確かに『周りに気を遣う』『迷惑をかけない』といった日本人らしさは海外で高く評価されることも多いんですけれどもね。

しかし、人に合わさないといけない。これが深く根付いていては自分の個性が全くなくなってしまいます

 

個性は大事

 

苦手なら苦手でそれで良い

 

[voice icon=”https://kyosuketokunaga.com/wp-content/uploads/2018/11/ewgwg.png” name=”女の子” type=”l”]周りのみんなとは少し違う。私って人と違うのかも[/voice]

 

そう感じる方も中にはいるでしょう。実のところ私も過去(学生時代)に思っていました。しかし途中から自分で気づけたんですよね。これも個性やなと。周りに合わすのは正直ダルいし何より疲れる!そう思っていたら、孤立した時期もありましたね。

でも、これが自分なので無理に自分を変える必要なんて全くない。周りに合わす必要なんてない。そう思いました。そう考えれば本当に楽になりましたね。

 

周りに合わすのが得意な人もいれば、私のように合わすのが嫌い・苦手な人もいます。ハッキリ言いますが

 

それで良いんです

 

人間考えることや性格なんてバラッバラですからね。合う・合わない、好き・嫌いなど、色んな人がいて当然です。皆が皆同じ考えや生き方をしていたら、それはそれは面白くない世界になるでしょうからね。自分のままで良いんです。

関連自分を生きろ!人生を充実させる第一歩は付き合う人を変えること

 

もしかして強調性ゼロ?

私のことを全く知らない方がこちらの記事を見たら素直にこう思うでしょう。

 

[voice icon=”https://kyosuketokunaga.com/wp-content/uploads/2018/08/boy_07.png” name=”男の子” type=”l”]あ、この人協調性とか全く無いんだろうな[/voice]

 

もし、私が第三者でなんとなくこちらの記事を見たらこう思うでしょう。ただ撤回させてください。別に協調性が無い。といった訳ではありません。寧ろコミュ力・協調性は結構高いほうだなと自分でも思うほどです。

 

イベントに参加するのは嫌い

だから(?)かどうかは分かりませんが、パーティーなどのお誘いはよくきます。でもね、誰かが主催のパーティー…結構嫌いなんですよね。いや、嫌いというか全然参加しないぐらい。パーティーだけでなく大勢で行う飲み会などもそうです。

 

[voice icon=”https://kyosuketokunaga.com/wp-content/uploads/2018/11/ewgwg.png” name=”女の子” type=”l”]こういった集まり苦手なのね[/voice]

 

と思われますが、そうじゃないんです。寧ろパーティーとかイベントは大好きですよ。ただ、誰かが主催のパーティーが無理なだけなんです

 

自分で主催するのは好き

 

本当意味ワカラナイ….

 

間違いない。本当変わっている性格なんです私(笑)

まあ単純に言うと、組織に属すにしても何か大きいイベントがあるにしても、トップで色々仕切る方がモチベーションも凄く高いし、何よりやっていて楽しいんですよね

今年(2018年)の年越しパーティー(in ケニア)を主催しているのも私。パーティーといっても10人ほどですが…

 

こちらの記事でも書いたように、来年のトマト祭りに参加しよう!と知人に声をかけまくっていたら、着々と参加メンバーも増えてきました。

 

主催する、実行するが好きなんだな~と改めて自分で気づけましたね。

 

さいごに

色々なことを話してしまいましたが、まとめるとこうです。

結論

  • 組織に属すのが苦手なら組織のトップになれ
  • 苦手なら苦手で無理に合わせなくても良い

 

以上!!!

 

私はこのような考えで生きています。もし、集団行動が苦手だ。とか、周りの皆から人目置かれているなどとお悩みの方がいらしゃったら是非試してみてください。そしていつでもご相談くださいね!私でよければ相談乗りますからね!

 

という訳で今回も最後までご覧頂きありがとうございました!悩む必要なんて全く無いですからね。自分らしく自分に合った方法は必ず見つかるはずですから。気にせず毎日楽しんでいきましょー!

Asante sana

ABOUT ME
德永 京將(KYOSUKE TOKUNAGA)
德永 京將(KYOSUKE TOKUNAGA)
小中高大16年間ラグビー部でした。大学卒業後は新卒ブランドを捨てて、沖縄に住んだり、JICA青年海外協力隊になったり、世界をふらっと旅したり、「やりたいことやる」人生にしています。人生なんとかなります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください