おすすめグッズ

学生におすすめ!私に努力の大切さを教えてくれた一つのスポーツ漫画

はい、じゃんぼー!ケニアで体育教師
Kyosuke@Kyosuke_0724)です。

まずいきなりですが、皆さんにご質問させて頂きます。

 

漫画好きですか?

 

私は大好きです。

実家に帰ると、山の数ほど漫画があります。大学時代は友達が私の家に漫画を読みに来るほど、漫画と共に生活していました。

漫画っておもしろいだけでなく、色々と学べたり、感じさせられることが多いんですよね

 

そんな漫画好きな私に転機が訪れたのは高校時代。一つの漫画に出会ってから。その漫画を読んで以来、自身のスポーツ(ラグビー)に対する熱量が大きく変化しました。

関連記事:私が主将になって行った3つの行動

 

そこで今回は、私をラグビーに対して、本気にさせたある一つのスポーツ漫画を皆さんにご紹介したいと思います。何かスポーツに打ち込んでいるそこの君。必見です!

私を本気にさせた漫画とは?

私を本気にさせた漫画。それがこれ

参照:https://blogs.yahoo.co.jp/onsyakora/folder/1266227.html?m=lc&p=1

スラムダンク

ってバスケ漫画かーい!!と思ったでしょ。でも、このスラムダンクが私を大きく変えたんです。

スラムダンクに出会っていなければ、ラグビーも中途半端に行っていたでしょう。

ラグビーが半端であったら、大学にも進学、そして海外で教員をするなんて考えられなかったでしょうね。

私の人生を変えたといっても過言でもないこの漫画。

今回はこの漫画の素晴らしさについてお話させていただきたいと思います。

スラムダンクとは

参照:https://mina-ch.com/post-429/

まずはスラムダンクについて説明します。

スラムダンクとは、漫画家・井上雄彦による描かれた高校バスケットボールを題材にしたスポーツ漫画である。元ヤンキーである主人公・桜木花道が、湘北高校へ入学と同時にひょんなことからバスケ部に入部。超ど素人であったものの、練習、試合を通じてバスケットマンとしての才能が開花していく物語。単行本発行部数は1億2000万部を突破。

 

[voice icon=”http://kyosuketokunaga.com/wp-content/uploads/2017/09/IMG_6500-1-e1506019042370.jpg” name=”Kyosuke” type=”r”]1億2000万部を突破って!!やばいですね~[/voice]

 

スラムダンクのここが良い

主人公桜木の努力

スラムダンクが好きな一つの所が、バスケットど素人の桜木花道が努力に努力を重ねて、みるみるプレーが上達していく様子ですね。

私は小学校からラグビーを行っているので、スラムダンクを読み始めた当時は素人でも何でもありませんでした。ただ...

 

めちゃくちゃ
下手だったんですよね

 

桜木も自身が下手だと自覚し、常に努力を怠らず日々鍛錬しました。

結果、チームを引っ張っていく存在にまで成長していき、そんな風に私もなりたい

そうなるには、他の部員と同じ練習量では駄目だ。そう思いました。

以降、努力を欠かさなかった私。他の部員が帰っても一人黙々とタイヤ引き。坂道ダッシュ。

さまざまなことを一人でも行い、少しでもチームに貢献したい。そう思いながらやっていました。

 

赤木のキャプテンシー

2つ目がコレですね。桜木が在籍するバスケ部キャプテン、赤木(通称:ゴリ)のキャプテンシー。

中学、高校と私自身もキャプテンを行ってきましたが、ゴリのキャプテンシーは見習う点がたくさんありました。

個性派揃いのメンバーをまとめあげるのもゴリ誰よりも声を出し、チームを盛り上げるのもゴリ

キャプテンとして何が出来るか?と私も日々模索していたので、ゴリの行動、言動は、当時の私にとっても大きな影響力がありましたね~。

 

チームの絆

前述した通り、桜木、赤木を含む湘北高校バスケットボール部は個性派揃いなんですよね

元ヤンキーもいれば、秀才もいる。そして仲の悪いメンバーもいる等々。

その辺が何ともリアルなんですよね私自身のチームと置き換えた際、似たような選手がいたからですかね。

ただ、そんなチームですが、スラムダンクの良い点とも言える所が一つあります。それが

結束力

問題児ばかりですが、チームの結束力は素晴らしいです。主将ゴリを含め、選手全員が何としててでも全国に行くんだ!といったチームの絆がとても深いです。

誰一人として、やる気のない選手はいません。

この結束力は自身のチームでも見習うべきだと感じ、私も結束力を高めるために日々試行錯誤を行いました。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。スラムダンクって特に自身がバスケを行っていなくても楽しく読むことのできる漫画なんですよね。

私自身も体育の授業意外バスケ経験したことないですし。なんならこの漫画を読み始めてからバスケのルールを知ったぐらい、それほど分かりやすく描かれています。

 

冒頭でも述べましたが、漫画っておもしろいだけでなく、本当自分の糧になったり、学べることが多いです。

間違いなく私自身、人生のバイブルの一つとなったとも言えるのが、今回ご紹介したこちらの「スラムダンク」ですね。

皆さんはお気に入りの漫画ってありますか?

まだスラムダンクを呼んだことが無いあなた。それは本当に損しますよ。そんな方は是非、
古本屋にでも行き、読んでみて下さい。

 

スポーツの魅力が
分かりますよ

 

Asante sana

ABOUT ME
德永 京將(KYOSUKE TOKUNAGA)
德永 京將(KYOSUKE TOKUNAGA)
小中高大16年間ラグビー部でした。大学卒業後は新卒ブランドを捨てて、沖縄に住んだり、JICA青年海外協力隊になったり、世界をふらっと旅したり、「やりたいことやる」人生にしています。人生なんとかなります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください