リゾートバイト

離島でのリゾートバイトってどうなの?実際に体験した私がご紹介

はい、じゃんぼーKyosuke@kyosuke_0724)です。

 

男性
男性
リゾートバイト凄く気になるなあ。得に離島とか…。

 

今回はこの様なお悩みを抱えるあなたに、離島マスターの私が

  • 離島でリゾートバイトは給料が良いのか
  • どの離島がオススメなのか
  • 離島でリゾートバイトするためのメリット
  • 離島でリゾートバイトするためのデメリット

この辺り重点的に分かりやすくご説明したいと思います。

日本には数多くの離島があると思いますが、コチラのページをご覧になっているほとんどの方が沖縄県の離島について気になっていると思うので、今回は沖縄の離島といったテーマでお話して行こうと思います。

離島でのリゾートバイトってどうなの?実際に体験した私がご紹介

まず最初にお伝えするのが気になる給料面で。分かりやすく解説していきましょう。

離島でリゾートバイトは沖縄本島で働くのと給料は変わらない

単刀直入に言いますと、離島でのリゾートバイトは沖縄本島で働くのとさほど変わりありません。

男性
男性
へー。離島も本島も対してそこまで変わらないんだ。

しかし沖縄本島と比較すると変わらないものの、他都道府県と比較するとやっぱり弱冠低めの給料設定ですね。

男性
男性
まあ沖縄は他の県と比べて最低賃金が低いから仕方ないか。

つまりはそういうこと。

時給の良い所を選ぶこと

 

イントは時給の良い所を選ぶこと。

時給の良い所を選べば月に20万前後稼ぐことは可能ですからね。ちなみに私が離島でリゾートバイトしていた頃はこれぐらい稼ぐ事が出来ていました。

食費こそかかってしまいましたが、寮費・光熱費は全てリゾートバイト派遣会社負担。おかげで給料18.9万円を全部貯金する事が出来てしまいました。

コチラのページでは、どのリゾートバイトがオススメかを掲載しているので気になる方はどうぞご覧ください。

 

離島でリゾートバイトするならどの離島がオススメか

続いて離島でリゾートバイトするならどこがオススメか色々述べたいと思います。と言っても何を持ってオススメするのかはそれぞれなので、コチラの項では以下の2点

  • 離島の中でも時給が良いオススメ島
  • 本当の離島生活を行いたい方にオススメする島

を重点にお伝えしましょう。

離島の中でも時給が良いのは「宮古島」

今沖縄の離島で最も景気が良い「宮古島」。
巷では「宮古島バブル」などとも騒がれています。

ワンルーム10万円って相当ですよね。バブルの原因は中国人の観光客が激増したとか….。

とは言っても沖縄の離島でガッツリリゾートバイトして稼ぎたい!などと考える方にとってはラッキーですよね。

多くの観光客が押し寄せる



人手が必要



企業は時給を高くしてでも社員が必要

この様な方程式になりますね。実際に私のリゾートバイト友達は2019年の夏に宮古島でリゾートバイトした時は、月に28万円稼いだほどらしいです。

友人
友人
ただマジでしんどかった….(笑)

なので多少しんどくでも、ガッツリ稼ぎたい方は宮古島を選んでみるのもアリでしょう。

Kyosuke
Kyosuke
稼げるだけでなく宮古島は本当に魅力沢山。インスタ映えしたい方はとてもオススメですね!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 🌿 Saki Sunagawa 🌿 (@saki.walea_photo) on

 

 関連記事 :>>宮古島でのリゾートバイトを全力でおすすめしたい件

 

本当の離島生活を行いたい方にオススメするのは「小浜島」

 

男性
男性
宮古島はオシャレで稼げるのは分かったけど、私は島に何も無い様な本当の離島生活を行いたいんだよな〜

そういった方にオススメするのが、実際に私もリゾートバイトを行った「小浜島」です。

この島の最もな魅力がコチラ。

本当に何も無い所www

いやもうね、本当にビックリするくらい何も無いんですよ。コンビニはおろか、信号なんてのもありません。

あるのは無駄に多い居酒屋と小高い山と綺麗な海です。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by はいむるぶし Haimurubushi (@haimurubushi_resorts) on

Kyosuke
Kyosuke
でもね、この何も無さが実に心地良かったりするんですよね。

私が実際に小浜島リゾートバイト時代に一緒に勤めていた仲間も小浜島が居心地良すぎて移住しちゃったぐらいです。

  • 都会の生活に飽き飽きした
  • 本当にのんび〜り稼ぎたい
  • 静かで綺麗な島に住みたい

この様に考える方は是非「小浜島」をオススメ致しますよ。

 

さて、続いては離島リゾートバイトのメリット・デメリットをお伝えして行こうと思います。まずはメリットから。

離島リゾートバイトでのメリットはこの3つ

離島リゾートバイトする上で私が思うメリットは以下の3つです。

離島リゾートバイトのメリット

  1. 海辺で働く事が出来るので海遊び、釣りがし放題
  2. 何か嫌な事あっても海を見れば忘れる事が出来る
  3. 出会いが沢山←これ本当にヤバイ

一つずつ解説していきましょう。

 

①海遊び、釣りがし放題

まず初めにお伝えするメリットがコチラ。海辺で働くこともあって海遊び、釣りがし放題。実際に私もバイトの休憩時などは近くの海でサクッと泳いだりしていましたね。

この様な亀と一緒に泳いだり・・・。

釣り好きな方はサクッと釣りをしたり、、その釣った魚を捌いてお寿司作って夜はみんなでお酒飲みながらパーティーしたり・・・

この様な事が出来るのも離島ならではですね。

 

②何か嫌な事あっても海を見れば忘れる事が出来る

いくら離島でのんびりしてると言えど、クレーマーなどが出た時などはストレスがたまります。でもこの様に嫌な事あっても海を見れば忘れてしまうんですよね。不思議と。

都会だとこうもいきませんよね。

しかし、離島だとサクッと海に行って綺麗な海を見れば嫌な事があってもすーぐ忘れてしまいます。

ここ結構私にとって大事なポイントだと思います。

 

③出会いが沢山←これ本当にヤバイ

そして3つ目にコチラ。皆さん朗報です。

離島は出会いがヤバイです。本当に。

なんなのでしょうか。離島って本当に海しかないためか、人との関わりが凄く密接なんですよね。

もうね、私が離島でリゾートバイトしている時なんかは至る所にカップル、カップル、、

Kyosuke
Kyosuke
皆んな青春してるな〜

と見ていましたね〜。

もっと気になる!そんな方は以下の記事をどうぞご覧ください。

 関連記事 :>>リゾートバイトで出会い・恋愛は可能なのか?実際に調査してきた

 

以上の3つが離島でリゾートバイトするためのメリットになります。続いてデメリットをお話します。

 

離島リゾートバイトでのデメリットは2つ

デメリットは以下の2点ですかね。

離島リゾートバイトのデメリット

  1. 欲しい物が揃いづらい
  2. 日焼けする

 

①欲しい物が揃いづらい

やっぱり離島という事もあって都会ほど物が揃ってはいません。

男性
男性
まあそりゃそうか・・・。

とは言っても今やインターネットでいろんな物が手に入る世の中ですから、その辺は特に気になりませんでしたね。

アマゾン商品などAmazonプライム会員になる事によって送料が無料となることも多いのでオススメですね。

 

②日焼けする

もう一つのデメリットはすぐに日焼けしてしまう事ですね。もうこればっかりは離島なので仕方ありません。

私も真っ黒こげになりました。

とは言っても、

女性
女性
嫌だー!!日焼けしたく無いー!!

と本気で思う方は、屋外に出る際は必ず日傘をしたり、日焼け止めクリームを塗る事によって防げるのでご安心を。

 

結論:離島のリゾートバイト興味あるなら参加すべき

離島でのリゾートバイトばかり行う私が言いたいことは一つ。

是非、離島でリゾートバイトやっちゃってください。

冒頭でもお伝えした通り、都会でのリゾートバイトより若干稼ぎは低くなるかもしれませんが、それ以上に良い事が沢山詰まっていますよ。離島ですからね。

毎日綺麗な海を見て

満点の星空を見て

みんなでワイワイお酒飲んで

最高な離島リゾートバイト生活を送れることを期待していますよ。

という訳で最後までご覧いただきありがとうございましたー!以下でリゾートバイトに関する記事をご紹介しているので、どうぞそちらの方もご覧ください。

 

ではでは

 

 関連記事 :>>沖縄リゾートバイトが最高すぎたので良い点を徹底的に伝えたい

 関連記事 :>>宮古島でのリゾートバイトを全力でおすすめしたい件

ABOUT ME
アバター
德永 京將(KYOSUKE TOKUNAGA)
大学卒業までゴリゴリ体育会系ラガーマン。人生一度きり。おもろい人生にしたい!思ってたらブログで稼ぎながら世界を旅する自由人なってた。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください