その他(雑技・下ネタ)

大学生の頃に友人が亡くなった。でもそれが私の人生の転機となった

 

・「Kyosukeさんって人生楽しんでいますよね!」
・「私もKyosukeさんのように物事を楽に捉えて生きていければな」

 

Twitterやinstagramを行っていると、このようなメッセージを頂くことがよくあります。そんな私ですが、元々は何かに挑戦する、ましてや海外で先生する。なんて考えもしないほど、ごく一般的な人生を歩むつもりの人間でした。

 

人格、性格、人生に対する考え方が変わったのは大学生の頃。こちらの記事でも紹介している本に出会った事もそうなのですが、私にとって最もな転機は仲良くしていた友人が亡くなったことです。

 

つるんでいた高校時代

友人とは小学生の頃からの知り合い。学校は違いましたが、元々お互いが同じスポーツ少年団チームとしてラグビーを行っていました。

高校では同じ学校となり、同じクラスになったりすることも多かったですね。彼からよく好きな音楽を無理やり聞かされたりしたのも良い思い出です。

 

そしてお互い高校を卒業し、私は大学へ。彼は消防市になるための専門学校へと進学しました。

 

一本の電話

毎日ラグビーラグビーに明け暮れて、ろくに勉強していなかった大学生時代。そんな頃、母親から突然一本の電話が入りました。母親からいきなり電話なんて滅多に無かったので嫌な予感はしました。

 

〇〇が亡くなった…..

 

え?

 

そんな…嘘やろ…と当時は思いました。母親の電話を切ると同時に高校時代の友人からも沢山の電話が。ラグビー部の監督に事情を話し、急遽地元に帰省する許可を頂きました。

 

電車で何時間もかけて地元へ。道中も未だ信じることが出来ず電車に揺られていたのを思い出します。しかし地元に着いて変な違和感。いつもの帰省とは何か違う、地元が何かどんよりとした空気に包まれていた記憶がありました。

 

通夜に参列

未だ半信半疑の中お通夜の会場に到着して、眠っている友人の姿をみて本当に亡くなっている事をこの目で理解しました。

 

これまで私が経験したお通夜は祖母や親戚のおばあちゃんといった方ばかりだったので、若い人間、ましてや高校のクラスメートが眠っている姿に変な違和感を持ちました。

もう一生会う事が出来ないと分かっているのに、高校時代つるんでいたのに、他の友人はわんわんと泣いているのに、

 

なぜか私は涙が一滴も出なかったんですよね。

 

彼が亡くなっていることは肌のハリ、肌の色を見れば一目瞭然なのですが、まだまだ若いからでしょうか。今にもヒョコッと起きてきそうな表情で、彼が亡くなっている事実を受け入れることが全く出来ませんでした。

 

死に対する考えが変わった?

周りは泣く友人。もう一生会えないから、これまでしてきたアホをもう一緒に出来ないから。それぞれ色んな思いを抱いて涙を流していたと思います。

 

一方私は、彼とは一生会うことが出来ない実感は湧きましたが、人とは違う考え方を持ちました。

 

あ、死ぬまで生き抜いてやろう

 

友人には悪いかも知れませんが、

 

あいつの分まで生きてやろう。
あいつの分まで人生を楽しんでやろう。

 

こう思うようになりました。友人の死が私にとって、大きな転機となったと言っても過言ではありません。

 

「死」ってなんなんだろう

「死」なんて誰だって怖いですよね。私だっていきなり余命を宣告されたら頭の中が真っ白になるでしょう。しかし人間は生まれきた以上、死ぬ生き物なのは事実です。

 

「死」を遠ざけて生きていくのでは無く「死」を意識しながら生きていこう。そして、一度きりの人生おもっきり楽しんでやろう!やりたい事やってやろう!

 

こう思うようになりました。

通夜・お葬式も終わり、地元から離れる電車の中で自分のこれからの人生をどうすべきか一人で模索し始めました。

 

生き方・考え方を改めなおそう

大学に戻っても考えることは「人生」「生き方」について。

 

どうすれば人生を楽しく
生きることができるのか

どうすれば後悔しない人生を
歩むことができるのか

 

頭の中はこんなことばっかり。どんなに考えてもモヤモヤし、そんな時に沢山の本を読み漁りました。

 

色んな世界を見に行こう

色んな本を読み漁った結果、行き着いた答えがこうなってしまったんですよね。

 

色んな世界を見に行こう

 

今思えば漠然とした考えでしたね。

 

人生を楽しむには?

新しいことに挑戦

色んな世界(海外)

 

就活時期ではありましたが、私は『新卒』といったブランドを捨てて海外に挑戦することを選択しました。

こんな感じで簡単な考えから決まっていましたが、この考えが本当に正しかったなと今になって思います。

 

関連記事就活生に告ぐ!あなたはそのまま就職して人生を楽しめるか?

関連記事将来の夢、やりたいことが見つからないのは当たり前。心配しなくても良い

 

身近な人が亡くなって考え方が変わった

 

[voice icon=”https://kyosuketokunaga.com/wp-content/uploads/2019/01/youngwoman_42.png” name=”女の子” type=”l”]どうしてそんなに楽観的な考え方になったの?[/voice]

 

このように尋ねられたら、真っ先にこう言います。

 

仲の良かった友人が亡くなったから

 

彼とはもう一生会うことも出来ませんが、地元のスーパーに行けば

「お~Kyosuke~!!」といつでも会いそうな気がするんですよね。本当に。

 

彼が亡くなってもうすぐ6年。あの頃は、私が今こうして海外で生活しているなんて想像もしていなかったです。英語の評定も毎回「2」…0点さえ取ったことがあるくらいですからね。

 

そんな私ですが、今では毎日ケニアの子どもたちに囲まれて充実した生活を送っています。

 

彼には悪いかもしれませんが、私が全力で「生きる」原動力になったのは、間違いなく彼の「死」があったからでしょう。

彼の分も必死に生きて、これからも毎日を全力でやっていこう。そう思います。

 

何十年後かに、無理やり彼のお気に入りの音楽をipodで無理やり聴かされるんだろうな~。お気に入りのジーンズに関して永遠と自慢してくるんだろうな~。

 

私はこれまで自分が歩んだ濃い人生を耳にたこが出来るまでおもっくそ聞かせてやろうっと…

さて、これからも人生楽しんでやろうか。あいつの分も。

 

Asante sana

 

 

ABOUT ME
德永 京將(KYOSUKE TOKUNAGA)
德永 京將(KYOSUKE TOKUNAGA)
小中高大16年間ラグビー部でした。大学卒業後は新卒ブランドを捨てて、沖縄に住んだり、JICA青年海外協力隊になったり、世界をふらっと旅したり、「やりたいことやる」人生にしています。人生なんとかなります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください