持ち物

海外旅行中にWi-Fiは必要なのか?結論がコチラ

はい、じゃんぼーKyosuke@kyosuke_0724)です。

 

これまで数十カ国、多くの国と地域に海外旅行した私。

旅行に行く際の便利グッズや持ち物についてはコチラの記事に記載してある通りなのですが、今回コチラの記事をご覧になっているあなたはこういった悩みをお抱えでしょう。

 

女性
女性
海外旅行中にWi-Fiは必要なのか?

海外旅行に慣れていない方だとこういった事ってはあまり分かりませんよね。

今回はこのような悩みについて海外旅行慣れしている私が深くお話していきましょう。

海外旅行中にWi-Fiは必要なのか?

結論から述べていきます。

 

 海外旅行中にWi-Fiは必要です。

 

もし仮に今回コチラの記事を呼んでいるあなたが、生粋の旅人で
「旅行はネットなんかを頼らず行動するねん!」と言うならば実際Wi-Fiは必要無いでしょう。

ただほとんどの人が

  • 旅行先でも友達にLINE送んないといけない
  • 旅行の様子をSNSにアップしたい
  • リアルタイムをインスタのストーリー機能にアップしたい!

というような方が多いのかと思います。
そういった方々に私はWi-Fiは是が非ともオススメします。

外にあまり出かけなくてもWi-Fiは必要なの?

現在計画中の旅行が

  • ホテルでゆっくり過ごすタイプの旅行なのか
  • 頻繁に外に繰り出し観光地を巡る旅行なのか

など、旅行者によって旅行のスタイルは変わってくるものだろうと思います。

前者の「ホテルでゆっくり過ごすタイプの旅行」の方も多いでしょう。そういった旅行スタイルの方は

女性
女性
ホテルにWi-Fi付いているからいらないんじゃ・・・

とお考えの方も多いのではないでしょうか。実際に私もWi-Fi完備の宿泊施設にしか宿泊した事がありません。

ほとんどの宿泊施設はWi-Fi完備。だけど・・・

海外のほとんどの宿泊施設にWi-Fiは完備されています。

今やネットワーク社会とも言われているほどの世の中なので、ネット環境が整っていなければ何も調べることが出来ない。SNSを見ることさえ出来ない。→不便。そういった時代になりつつありますからね。

 

が、しかし

 

これまで海外で数多くの宿泊施設に泊まってきた私ですが、

Wi-Fi環境下にも関わらず、でインターネットが使用出来ない。

なんて事態は非常によくありました。

厳密に言うと繋がってはいるのですが、
Wi-Fiスピードが血の気を引くほど遅いんですよね。

Wi-Fiあるある詐欺

私は個人的にこういった現象を「Wi-Fiあるある詐欺」とよんでいます。

確かに、確かにね、【Booking.com】 などのサイトでは「Wi-Fi完備」などの文字が以下のようにあるのですよ。(赤丸の部分ですね)

男性
男性
あ、Wi-Fi完備か。ここにしよっと

と予約するのですが、いざ当日になってみると

男性
男性
何これ。Youtubeはおろか、インスタの写真さえ見れねえ….

繋がるには繋がるのですが、前述したようにスピードが激おそ!で思うようにスマホが使えないなんて事は非常に多くありました。

ネット環境を開示している宿泊施設

そんなトラブルを避けるために、
今やネット環境・Wi-Fiスピード計測結果をネット上で開示している宿泊施設も増えてきましたね。

宿泊施設側としても、「私たちのホテルはしっかり繋がるわよ!」と言っておいた方が、より多くの宿泊者が訪れますからね。

男性
男性
インターネットは絶対必要だけど、ホテルでずっとのんびりするし、別に問題無いでしょう〜

なんて人はいざ行って後に痛い目合わないように。

なのでどうしてもインターネットが無いと困る!とどうしてもネット環境が必要な方は、Wi-Fiをレンタルして旅行するのが得策でしょう。

Kyosuke
Kyosuke
オススメWi-Fiは後述しますね。

ツアーで参加する方に注意ですが、ツアー会社に頼んで旅行をするからって、宿泊施設にWi-Fiが完備されているとは限りません。

  • 宿泊するホテルにWi-Fiが完備されているのか
  • Youtubeなどを見る事が出来るほどの環境なのか

問合せ自体は無料なので、不安な方・気になる方は事前に問合せしておくべきでしょう。

 

観光地を沢山巡りたい!という方は特にWi-Fi必須

ホテルの中で生活する方は、正直Wi-Fiが無くとも自分が暇をするだけで別に不安になることではありません。

しかし、観光地を沢山巡りたいんだ!という方Wi-FiはWi-Fiが無ければ本当不安になってしまう事でしょう。

Wi-Fiがあるだけで、自分の位置を明確に把握することも出来ますし、もし海外でトラブル・分からない事が起こったとしても、「Google翻訳」などを使って現地の方と意思疎通出来ますからね。

タクシー配信アプリを使いたければもう必須中の必須

最近ではアプリを使ってタクシーを呼ぶ事の出来るアプリが続々と出ています。有名アプリだと「Uber」や「Grab」ですね。

実際私がタイに行った時なんかはコチラのGrabアプリが大変有効に活用する事が出来ました。

流しのタクシーでも構わないのですが、ぼったくりの可能性や運転手が目的地の位置を把握しきれてない。なんて事が多々あるので、そのような事態を避けるためにも、このようなアプリは入れておいて損は無いでしょう。

 

Wi-Fiがあるだけで何かと便利

旅行先で「何食べようか〜」などと考える時って多々あります。

もちろん旅行前から食事はこの店で〜Barはこの店で〜などと全プランを考える方も中にはいると思いますが、そういうの結構面倒ですよね。

私なんかは旅行先に到着した後に、どのレストランが良いのかを決めるタイプ。実際こういった考えの人の方が多いのではないでしょうか。

そう言った時も結局使うのはインターネットなんですよね。インターネットで

「○○○(地域) 美味しい レストラン」

などと調べて評価の高いレストランに行くようにしています。自由な日が一日出来てしまった場合とかだと

「○○○(地域) 観光 オススメスポット」

などと調べる事がほとんど。インターネットが使えるというだけで、これほど便利になる訳ですからね。

もしホテルにWi-Fiが完備されてあったとしても、外出時に調べる事は不可能。外出時でも使用したい!そんな方はWi-Fiは必要となってくるでしょう。

 

オススメのWi-Fiはコチラ

さて、ここまで呼んでいるというあなたは次の旅行でWi-Fiをレンタルしよう!と決めたのではないでしょうか。

男性
男性
バレた?でもWi-Fiレンタルするにはどこが良いのか教えて欲しい。

そんなあなたのためにお教えしましょう。私がオススメするのはコチラの二つ

以上二つのWi-Fiオススメ点を簡単に説明していきましょう。

①受け取り空港が多い!グローバルWi-Fi

まずはグローバルWi-Fiについて。後述するイモトのWi-Fiと比べると弱冠知名度は低いかもしれませんが、Wi-Fiレンタル業界ではトップレベルのシェア数を誇っています。

テレビでもCMが流れるぐらいですからね

グローバルWi-Fiのポイントといえば、何と言っても受け取り可能空港の多さでしょう。後述するイモトのWi-Fiは全国6空港にも関わらず、グローバルWi-Fiは18空港もあります。

 

>>グローバルWiFiはコチラ

 

②安さを求めるならイモトのWi-Fi

続いてイモトのWi-Fiについて。「イモトのWi-Fi」も「グローバルWi-Fi」同様のWi-Fiレンタルサービス。

異なる点はWi-Fiの安さについて。グローバルWi-Fiより「イモトのWi-Fi」の方が数百円安いですね。

イモトのWi-Fi」の方が安いので、どうかな?と思いましたが、使ってみると特に気にはなりませんでしたね。

男性
男性
まああれほどYoutubeでも宣伝されるしなあ

 

>>イモトのWi-Fiはコチラ

 

結論

という訳で結論です。

 

Kyosuke
Kyosuke
Wi-Fi持ってストレス無く旅行を楽しみましょう。

 

これに限ります。

Wi-Fiがあれば、好きなタイミングでSNSを上げることも出来ますし、その場所の情報をいち早くキャッチすることも可能です。

女性
女性
ホテルのWi-Fi全然使えなーい!Wi-Fiレンタルすれば良かったー!!

なんて事にはならないように。事前の準備はしっかりと行ってきましょう。

 

ではでは

関連記事:>>海外旅行でのWi-Fiをレンタルするならこの2つがおすすめ!【比較】

追伸:知っている人こそ知っている海外旅行お得情報

海外旅行に関するお得な記事がいくつもあるので、もしよろしければ以下の記事も呼んで頂ければなと思います。

関連記事海外旅行好きに楽天プレミアムカードをオススメする3つの理由

関連記事海外旅行前にやっておいた方が良いこと【準備・裏技】

 

賢く楽しく旅行して人生楽しみましょうー!最後までご覧いただきありがとうございました。

ABOUT ME
德永 京將(KYOSUKE TOKUNAGA)
大学卒業までゴリゴリ体育会系ラガーマン。人生一度きり。おもろい人生にしたい!思ってたらブログで稼ぎながら世界を旅する自由人なってた。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください