その他(雑技・下ネタ)

タイのコムローイ祭りでサプライズプロポーズしてきた

 

えー私德永京將ですはね、2019年11月11日に6年間お付き合いしている彼女にプロポーズいたしました。

今回は私と彼女が出会ったきっかけからプロポーズまでの経緯をサラッと綴る。そういった記事となっております。

 

  • この記事をいつか2人の間に出来るこどもたちに見せて上げることが出来たら良いな
  • 遠距離恋愛中のカップルに何かしらの励みになると良いな

そんな事思いながら、記していこうと思います。

 

私たちが出会ったきっかけ

出会ったきっかけは大学が一緒だったということ。

お互い同い年で、専攻していたコースが同じ、私がラグビー部で彼女がバスケットボール部とお互いがスポーツマン。

 

大学が大阪にも関わらず出身が同じ三重県。

と、いくつかの共通点があって色々と意気投合し、6年前の2013年夏から交際がスタートしました。

 

同じ大学だけど・・・

同じ大学で、毎日顔を合わす訳ですが、お互いの部活動が忙しすぎて2人で過ごす時間なんて全くなかったですね。

初めてデートした日なんてお付き合いして半年後のことでした。

 

それまでは寮暮らしで門限の厳しい彼女に、10分でも20分でも会える時間があるときは原付かっ飛ばして会いにいったりしていましたね。

中学生のような恋愛していましたが、今思えばあの時があったから今があるんだなあと思います。

 

6年間の内半分は遠距離恋愛

大学を卒業して2人は晴れて新社会人!と言いたいところでしたが、

Kyosuke
Kyosuke
このまま就職して良いのか?人生楽しめるのか?

 

なんて疑問が生じて、新卒ブランドを捨てて海外で生活することに決意しました。

就活生に告ぐ!あなたはそのまま就職して人生を楽しめるか?はい、じゃんぼー!ケニアで体育教師 Kyosuke(@kyosuke_0724)です。 皆さん 人生楽しんでますか? ...

 

大学卒業してすぐの半年間は地元でフリーターしつつ月に1回は会えていましたが、それ以降は長い間遠距離恋愛が続きました。

  • セネガルでボランティア6ヶ月
  • 沖縄宮古島でリゾバ2ヶ月
  • 日本縦断ヒッチハイク&東南アジア旅2ヶ月
  • スワヒリ語合宿2ヶ月
  • ケニアで青年海外2年(24ヶ月)
  • 沖縄小浜島でリゾバ2ヶ月

こう見ると計3年間も遠距離恋愛でしたね。

女性
女性
6年間の内3年間は遠距離とか最低。

 

確かにそうですよね。でも長い間彼女と離れていましたが、他の女性に目移りすることなんて一切ありませんでしたね。

 

プロポーズに至った経緯

冒頭のツイートでも述べている通り無職な私。

女性
女性
無職なのに結婚なんて・・・

と考える方もいらっしゃるかと思いますが、ただの固定概念ですからね。別にお金無くたってプロポーズしたきゃすれば良いんです。

相手が稼いでなければ結婚出来ない。そう思う女性はそれまでの愛なだけと思っていますからね。

 

お金なんて結婚してからナンボでも稼げるでしょ。

 

 

私のプロポーズ

プロポーズってやっぱり一生に一度しかないので、そりゃ思い出に残るようなプロポーズをしたかった訳で。

私はタイのコムローイ祭りでサプライズプロポーズする事に決定しました。

 

結果は・・・

結果は言わずもがなの大成功。

我ながらに無茶苦茶ナイスなプロポーズだったと思います(笑)

男性
男性
自分で言うな

 

プロポーズをしてみて

プロポーズをしてみての感想なのですが、正直100点満点だったと思います。

プロポーズの言葉は緊張して噛み噛みでしたけどね。

 

しかし私にとっても彼女にとっても、人生最初で最後のプロポーズ。一度きりのプロポーズ。本当大切な時間を送ることが出来て良かったなと思います。

何気ない日常の中でのプロポーズも全然有りだとは思います。

そういったプロポーズが良いという女性も多いですからね。

 

が、中には私のような変人もいると思うので、面白いことしたいなと考える方はコムローイプロポーズも是非オススメですよ。

 

さいごに

今回非常に多くの方々に私のプロポーズ話を届けることが出来て、内心ビックリしていますが、とても嬉しく思います。

でも本当にプロポーズ成功して良かったなと。

 

女性
女性
今後はどうするの?

今後は、今回プロポーズさせて頂いた彼女と一緒に・・・・

 

まあ、なにかをやらかそうかなと思っています

 

何かはその辺りは追い追い深く喋っていきますね。というわけで今回はこの辺で終わりにしようかなと。

本当に本当にみなさん、たくさんのメッセージありがとうございます。

今後は1人の女性の婚約者として、志高く生きていこうと思います!

本当にありがとうございました!

ではでは

ABOUT ME
德永 京將(KYOSUKE TOKUNAGA)
德永 京將(KYOSUKE TOKUNAGA)
小中高大16年間ラグビー部でした。大学卒業後は新卒ブランドを捨てて、沖縄に住んだり、JICA青年海外協力隊になったり、世界をふらっと旅したり、「やりたいことやる」人生にしています。人生なんとかなります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください