その他(雑技・下ネタ)

人生が充実?!高校でラグビー部に入ることを強くオススメする5つの理由

はい、こんにちわーKyosuke@kyosuke_0724)です。

 

いや〜〜〜盛り上がっていますね。

 

ラグビーW杯

 

私自身、小学校から大学卒業までの16年間、ラグビーに明け暮れていたラガーマン(ラグビーをしている人のこと)でした。

日本代表で大活躍中の松島選手、福岡選手と同期の年になりますね。

 

私がこんなにも長い間続けてこれたのも理由があります。

 

ラグビーは
むちゃくちゃ楽しい

 

しかしマイナースポーツなんですよね。ネットで
高校 部活 人気などと調べると、このような結果となります。

 

参照:ベネッセ教育情報サイト
http://benesse.jp/kyouiku/201606/20160605-1.html

 

参照:ORICON NEWS
(https://www.oricon.co.jp/news/22766/full/)

 

Kyosuke
Kyosuke
ランキングすら入ってへんやんけ!

 

これはいかん。そう思い今回は、私が全力でラグビーの魅力を伝え一人でも多くの高校生がラグビーに興味を持ってくれる事を願って記事にしてみました。

 

まずは私について

 

女性
女性
その前にお前だれやねん!ラグビーについて偉そうに語んな!

 

いや、語ります。ラグビーが好きだから。語らせて下さい。

 

好きすぎて、極めすぎて高校の時には主将として全国大会『花園』にも出場しました。

 

好きすぎて、『高校日本代表候補』まで選出されました。好きであれば、上手くなくても候補になんてなれるんですよ。なる方法はこちら↓

【高校ラグビー】センスの無い奴でも高校日本代表候補になれる方法はい、じゃんぼーKyosuke(@kyosuke_0724)です。 今回は私の学生時代に成し遂げた成功体験を記事にしていきたいと思いま...

私に興味が湧いた人はどうぞプロフィールもご確認ください。

 

ラグビー人口を増やしたい

16年間やってきた私だから自信を持って言えることができます。それは

 

グビーは
良いスポーツ

 

そして、面白いだけではありません。何とラグビーは、自身の人格、人生をも変えてしまう素晴らしいスポーツなんです。

 

しかし、いまどきの高校生は

女性
女性
汚い。危ない。野蛮

 

などと言って、あまり興味を示しませんよね。そんな君に私はこのように伝えます。

 

 

え、どしたん?自分。
人生充実したい思わへんの?
変わりモンやな。

 

 

ラグビー部に入ると、今後の人生が大きく変わると私は思います。

別に今の生活で満足。別に変えようとなんて思ってな~い。という方、どうぞ
ブラウザを閉じてください。

 

しかし、逆に

 

いや、俺まじで人生変えたい。充実したい。

 

 

そう思う方は、最後までご覧ください。それでは今から、私がなぜここまでラグビー部に入ることをオススメするのか、5つの理由を交えてみていきましょう!

 

 

ラグビー部に入る事を強くオススメする5つの理由

 

  • 初心者からでもできる
  • チーム力の大切さを実感できる
  • マッチョになれる
  • 就職に強い
  • 努力すれば上手くなる

 

以上5つの理由です。それでは一つ目から詳しく見ていきましょう。

 

初心者からでもできる

ラグビーって実は初心者から初めても、全然上手くなることができます。

私は以前、ラグビー日本代表について、以下の記事を書きました。

ラグビー日本代表イケメンが揃いすぎなので紹介したいはい、こんにちわーKyosuke(@Kyosuke_0724)です。 ラグビーワールドカップ日本大会も終わってしまいました。 今...

 

こちらの記事でも紹介しましたが、今のラグビー日本代表の選手何人かが、実は高校からラグビーを始めた方が多いんです。

あまりしっくりこないですか?では、質問します。

 

野球日本代表

 

彼らの中に高校から野球を始めて日本代表になった選手を想像できますか?

 

基本、小学校、中学校から野球を始めて、高校で甲子園目指す。そして、プロになっていく。といった選手がほとんどではないかと思います。

しかしラグビーにおいては、中学時代野球部、サッカー部、高校で初めてラグビーといった競技に触れ、プロの選手になるといった人が結構多いんです。

 

全身を使うスポーツですからね。

中学サッカー部時代に磨いた足技
野球部時代に磨いた肩の強さ
テニス部時代に磨いた俊敏性

それぞれラグビーで活かされることが多いんですよ。

 

チーム力の大切さを実感できる

 

One for All  
All for One

 

この言葉、今まで一度くらいは聞いたことがあるのでは無いでしょうか。

一人はみんなのために。
みんはは一人のために。

 

と捉えている方も多いですが、
本当の意味は以下になります

 

一人はみんなのために。
みんなは一つの
目的のために。

 

一人はみんな(チーム)のために身体を張り、みんなは力を合わせて勝利を目指す。

という意味になります。簡単に言うとこんな感じですね。

 

この教えが将来役にたつ

ラガーマンは以上の教えが学生の頃から身についているので、会社といった組織(チーム)に属しても、多大な評価を受けることが多いです。

 

15人でプレーする競技は他にありません。多い人数でするスポーツであるこそ、力を合わせて勝つ事の大切さ、チーム力で勝つ事の大切さを実感できます。

 

会社も一緒です。いかに競合社に勝つことができるか。そのためにさまざまな課(ポジション)が存在し、それぞれの役割を任せられているのです。

 

 

スポンサーリンク

マッチョになれる

これはもう間違いないですね。ラグビーは他のスポーツと違い、全身という全身の筋肉を使うスポーツですから、嫌ってほどマッチョになります。

 

男性
男性
別にマッチョなんかになりたくな~い

 

マッチョになると、どんなメリットがあると思いますか?

重いものも楽々と運べる。そうですね。ただ、一番の魅力として挙げられるのが、

 

女の子にモテる

 

特に高校生の女の子は大人になるために最終段階。結婚もできる歳なので、無意識的に自分を守ってくれるような強い男性に好意を示すそうですよ。

 

 

え、まじ(笑)
よっしゃ!!

 

Kyosuke
Kyosuke
心の中でガッツポーズした高校ラガーマンよ。君の選択は正しかったぞ

 

なよなよとしたひょろひょろ男が好きといった女の子ももちろんいます。しかし今のトレンドは、ガッチリとした体系で自分を守ってくれるような男なんです

 

女の子にモテたきゃ
ラグビーを始めろ

 

就職に強い

男性
男性
え~そんなのスポーツやっている人はみんな一緒なんじゃないの~

 

そう思ったあなた。確かに間違ってはいませんが、

今後、ラグビー部員の採用が激アツになる可能性は極めて高いです。理由はなんといっても、ラグビー日本代表の活躍ぶりでしょう。

 

 

どういう事態になるか

国全体がラグビーに注目するのが間違いなし。日本国民はスポーツに対する熱が熱いです

2017年のサッカーワールドカップも、日本が快進撃を起こすなどとして、日本中が盛り上がりましたもんね。

 

ラグビーも相当
盛り上がります

 

間違いないです。

 

武井壮さんもこのように述べていますね。

 

 

日本中はラグビーで大盛り上がり。テレビなどでもラガーマンの魅力にもたくさん触れられます。

 

すると?

 

日本の多くの企業がラグビーといった競技に好印象を持ち始めます

職の面接ではこういった場面も多く見られるでしょうね。

 

面接官
面接官
面接官” type=”l”]お~!君ラグビーやっていたのか!いいね!

 

 

学歴も評定も全て同じ。
一人はラグビー部。もう一人は他の運動部

もし、あなたが採用側だとしたらどちらを採用しますか?

 

Kyosuke
Kyosuke
私ならラグビー部の方を採用します

 

日本中がラグビーに注目しラガーマンに対する株が上がっていますから。

 

努力すれば上手くなる

これもどんな競技でも一緒じゃないか!と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その通りです。間違いではありません。

しかし、ラグビーって他のスポーツと違って、一切の道具を使わない、全身を使うスポーツなんですよね。だから、どんなスポーツよりもこういった事がいえます。

 

全ては自分次第

 

道具を使う競技は何かミスをしても、道具の調子が悪かったなどと言い訳できます。しかし、ラグビーは一切道具なんてありません。

 

身体と身体が当たり合うスポーツ。つまり、

 

自分が鍛えた分
身体は大きくなるし
自分が頑張った分
プレーが上達します

 

なんてったって全身を使いますから。

鍛えた身体で相手を跳ね飛ばす。あれほど快感な瞬間はありません。

あれこそ、ラグビーの醍醐味でもありますね。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。

  • 初心者からでもできる
  • チーム力の大切さを実感できる
  • マッチョになれる
  • 就職に強い
  • 努力すれば上手くなる

 

 

以上が。ラグビー部に入ることをオススメする5つの理由です。

 

人生を変える高校生活。バイトをして自分の好きなものを買ったりするも良いとは思いますが、

お金以上のものが得られるスポーツ。それが
ラグビーなんです。

 

 

お金は大人になってからでも
稼げますが
高校生活という3年間はいくら
お金を積んでも戻ってきません

 

 

ラグビー部に入って、その3年間に青春を捧げてみてはどうでしょう。

 

 

お金以上のモノが
手に入りますよ

 

ではでは

 

ラグビー日本代表イケメンが揃いすぎなので紹介したいはい、こんにちわーKyosuke(@Kyosuke_0724)です。 ラグビーワールドカップ日本大会も終わってしまいました。 今...
ABOUT ME
德永 京將(KYOSUKE TOKUNAGA)
德永 京將(KYOSUKE TOKUNAGA)
小中高大16年間ラグビー部でした。大学卒業後は新卒ブランドを捨てて、沖縄に住んだり、JICA青年海外協力隊になったり、世界をふらっと旅したり、「やりたいことやる」人生にしています。人生なんとかなります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください