一日で仕事やめた

与那国島までバイトに行ったが1日で辞めた件

はい、じゃんぼーKyosuke@kyosuke_0724)です。

 

タイトルにもあります通り、私、沖縄県与那国島でのサトウキビ狩りのお仕事、、、

 

一日で辞めてきました

 

 

ツイッターの反応では

男性
男性
アフリカで住める男がどうして帰ってきたのか?

女性
女性
メンタル強い方だと思っていたのに、、どうして?

そのようなメッセージを数々寄せられたので、今回はその真相と共に記事にしてみようと思います。どうぞご覧ください。

与那国島までバイトに行って1日も持たなかった理由

これまでセネガルで半年間、ケニアで2年間、タイで3ヶ月間、計2年9ヶ月もの間海外生活を行ってきた私(旅の期間も含めると3年以上ですね)

ケニアではマサイ族でのホームステイをしたり、生きた鳥を捌いて食べたり


どちらかと言うと生命力の高い生き方が出来ると自分でも思っていましたが、今回の与那国島は本当にダメでした。

どうしてなのか?

こんな男が1日で帰ってきた理由、ザックリ言うとこれなんです。

波長が合わなかった

細かい理由は後述しますが、大きく言ってしまうとこれなんです。

波長が合わなかった。

男性
男性
波長って・・・

一体どういうことなのか、詳しく述べていきましょう。

他の従業員の方と接するのにビビった

まず私が「あ、ここ無理かも!」と思った理由がこれです。

他の従業員と接するのがビビった。

何人かの人とお喋りをしました。皆さんとても優しく、私のことを気遣ってくれる人が沢山いらっしゃったのですが、

目線がどこか別方向の人、焦点が合ってない人が多くいたんですよね。シャイな人が目線を外してしまうのは何となく分かりますが、なんてゆーか

皆んな笑顔がなく裏に闇を抱えてそうな人ばかりだったんですよね。

私がこれまで接してきたような人とはまた別の人種、そんな印象が見受けられて

Kyosuke
Kyosuke
あ、ちょっとここの人と一緒にお仕事をするのは難しいかも!!このままいると自分が自分で無くなってまうーー!!

と思ったことが一つの理由です。

住んでる所(寮)がヤバかった

次に住まいについて。部屋は個室で集団行動ということは事前の電話面接時から聞いていて私も了承をしていました。

Kyosuke
Kyosuke
洗濯機もあるし、お湯もしっかり出るなんて最高じゃねえか〜(←アフリカ系男子は強い)

と余裕ぶっこいていましたが、いざ言ってみると驚愕。

築100年ぐらいのオンボロ家がドドーン!!

(※写真はイメージです。)

まあ外見だけかと思っていましたが、中身がもう、、、カビ、カビ、カビ、、至る所にカビ。

おそらく何年も入れ替わり立ち替わりで、誰1人手入れしていないんだろうな。と感じました。カビだらけということで勿論匂いもキツく

雰囲気がまさに廃墟で。

こんな所に長いこと住めない。。」と思ったのが理由です。

男性
男性
アフリカでもどこでも住めるような人間が住めないって相当かよ。

 

いや〜相当でした。まあ自分にも住めない場所があるんだな〜と気づきも合って良かったです。

街の雰囲気が自分には合わなかった

与那国島に行く前は

Kyosuke
Kyosuke
久々の沖縄〜〜楽しむぞ〜〜!!

なんて意気揚々としていましたが、実際行ってみると全く沖縄らしさを実感することが出来なかったんですよね。(個人差によると思いますが)

でもそれもそのはず。与那国島は日本でも最西端の有人島としても有名な地なんです。

Kyosuke
Kyosuke
最西端と行っても沖縄は沖縄でしょ。なんくるないさ〜

などと思っていましたが、

イーヤササッ感が全く持って見受けられなかったんですよね。あの沖縄独特の雰囲気というか、

ええええーーー!!!沖縄なのにここまで違う?!と沖縄大好き人間の私からすると結構ショックを感じました。沖縄で合って沖縄では無い。そんな印象でしたね。

本当個人差があるので、全ての人がこう感じるとは限らないので悪しからず。

 

別に自分の身に危害が及んだ訳では無いし与那国島が悪い訳では無い

以上が理由になります。これらのことから私の身に何かが起こった(パワハラや暴力など)訳では全く無く、ただ単に私自身の波長が合わなかったというだけなんですよね。

Kyosuke
Kyosuke
心配してくれた方、どうもご迷惑をおかけしました。

また今後与那国島に観光へ行こうと考えている方、私と同様にお仕事しに行こうと考えている方、全く気にしないでいてください。あくまでも私自身が合わなかったというだけですので、

全ての人が合わないということではありません。そこはなんくるないさ〜

ただ私と考え方や価値観が似ている人だと、もしかすると過ごすのが厳しいかもしれませんね。

自分に合った環境を選ぶことが大切

今回、与那国島に行って改めて感じたことですが、

やっぱり自分に合った環境に身を置くことが大切ということ。

たった1日ですが本当に辛かったです。もしこの環境での生活が1週間、2週間続いていたら、自分自身の人格が崩壊していたと思います。

大袈裟かもしれませんが、間違いなく

  • 仕事に行く気力がない
  • 寝ていたい
  • 何も動きたくない

などと言った考えを持つことになっていたでしょうね。所謂「うつ病」の一歩手前。

Kyosuke
Kyosuke
恐ろしや〜〜 

本当そうなる前に島を脱出して良かったなと。

Kyosuke
Kyosuke
自分に合わない環境で生活するには身体に毒だね

皆さんも「あ、ここは合わないかも…」と日々思っているようでしたら、自分を失う前に環境を変えてましょうね〜

 

ではでは

仕事・バイトに行きたくない、辞めたい人は病む前に行動やではい、じゃんぼーKyosuke(@kyosuke_0724)です。 こちらの記事や以下のツイートにもある通りなのですが、バイトを1...
失敗をすればするほど人生はより豊かになるんちゃいまっか 皆さんはこれまでの人生でいくつかの失敗をしてきたのでは無いでしょうか。Noと答える人はいないと思います。 私も26年間生き...
やりたいことを見つける方法はこの5つ!私はこの方法で見つけることが出来たはい、じゃんぼー! Kyosuke(@kyosuke_0724)です。 先日以下のような記事を書きました。 https...
ABOUT ME
アバター
德永 京將(KYOSUKE TOKUNAGA)
大学卒業までゴリゴリ体育会系ラガーマン。人生一度きり。おもろい人生にしたい!思ってたらブログで稼ぎながら世界を旅する自由人なってた。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください