【アフリカで】セネガルの食事が絶品すぎてたまらない【一番美味い?】

いきなりご質問させていただきます。

セネガル共和国って知っていますか?

あ~なんか聞いたことある~アフリカにある国だよね(?) と考えの方、その通り!!正解です!!ただ、セネガルと聞いて、何か思い浮かぶことありますか?ないですよね?

  • アフリカにある
  • サッカー強い(?)

訪れる前はこれぐらいしか私はイメージがありませんでした。

私はこのセネガルといった国に昨年(2016年)の1月から7月までの半年間住んでいました。

【感動の再開】セネガルでラグビー教えてた生徒がセネガル代表になってケニアに試合しに来た話

2017.10.31

【大公開!!】ちょっと待って。自由に生きすぎやろ(笑)

2017.09.25

アフリカの中で知っている国と言えば、ケニアぐらいでしたからね当時は。(←一年後そのケニアに住むことになるとは..

初めての海外生活がアフリカ。一番不安だったのは治安、、、よりも食事。そう、食べることが大好きな私にとってとはむちゃくちゃ重要なんです。

しかし、行ってみると衝撃。

セネガル料理。 

むっちゃくちゃ美味いんですよ

なんといっても主食が米というだけあって、我々日本人にとっては愛称抜群なんですよ。

多くの世界一周旅行者も語ります。

「セネガルの食事は美味かった」と。

そんな絶品たるセネガルの食事を写真と共に!!レクチャーしていきたいと思います!!※よだれ注意

絶品。セネガル飯

チェブ・ジェン

セネガルの看板飯 チェブ・ジェン。日本といったら寿司。タイといったらパッタイ。スペインといったらパエリア。セネガルといったら? 

そう、このチェブ・ジェンなんです。チェブは米ジェンは魚という意味で、魚の煮汁を使って、にんじんやキャベツなどと一緒に米を炊いて食します。セネガル人も日本人も大好きチェブ・ジェン

チェブ・ヤップ

チェブ・ジェンは魚でしたが、このチェブ・ヤップは

魚でなく肉が食いてー!!といった人にはこちらのチェブ・ヤップがオススメですね。こちらもチェブ・ジェン同様に高い支持を受けています。

スープカンジャ

見た目エグいっしょ?でも、これが絶品なんですわ。カンジャはオクラといった意味で、オクラや他の野菜を煮て、スープ状にしたこの料理。口の中で広がる山芋のような感覚。

この感覚がまた最高なんですわ。味も美味いので、是非チャレンジしてみよう!!(好き嫌い分かれます)

ヤーサ

これまた日本人の大半が合うでしょ。と勝手に決めつけてますヤーサヤッサとも言われています)。玉ねぎなどと一緒に、肉や魚で似たソースを米と一緒に食します。

セボン

フランス語でC’est bon(セボン)美味しいといった意味です。フランス人がこの料理を初めて食べて、「セボン」と言ったのでしょうかね?知っている人教えてください(笑)

揚げた魚、玉ねぎ、米と一緒に食べます。

食べる際は言いましょう。セボンセボン。何がおもろいねん。

チュウ

初めて~~のチュウ~~君とチュウ~~

ある人はセネガル版のカレーライスと言い、またある人はハヤシライスと言い、またまたある人はビーフシチューと言う。

この味は食べてみないと分からない。まあ美味い料理ですわ。

マッフェ

これがまた不思議な味がします。ソースはなんとピーナッツから作られているんです。これは本当に好き嫌いが分かれますね~。ちなみに私は嫌いでした(笑)。マッフェ信者の皆さんごめんなさい。

しかし、珍しいと言えば珍しい味なのでチャレンジしてみるのも良いですよ。

ジビテリ

これは少しジャンルが違いますね。お肉単品です。なんのお肉か分かりますか?

そう、日本ではあまり見ないヤギのお肉です。アフリカではオーソドックスなお肉ですね。ジビテリを食べる際はパンと一緒に食べるのがこの国では主流でしたね~

まとめ

お腹が減った方、ごめんなさい(笑)。いかがでしたでしょうかセネガル料理。私は胸を張って言えます。

セネガル飯は美味い。

現在は、ケニアで暮らしていますが、ケニア飯の比にならないぐらいセネ飯は美味いんです。

そして、何よりコスパが良いんです!!基本的にどの食事も500CFA(100円)~800CFA(160円)程で腹いっぱい食べることができます。

世界を旅してる皆さん、アフリカで有名な観光地といえば、ケニア、エチオピア、南アフリカ、モロッコなどありますが、西アフリカ、セネガルに行ってみてはどうでしょうか。

アフリカ1美味い食事があなたを待っていますよ。

補足

セネガルの日本人宿は以下がオススメです。スタッフの方も優しい方ばかりで、何より絶品日本食が食べることができます。 (沈没注意

セネガル日本人宿「和心」のページ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

德永 京將(KYOSUKE TOKUNAGA)

ラグビー歴16年(小学校~大学) 大阪体育大学を卒業後、 地元 三重県熊野市で学童保育指導員として勤務。 ​その後海外生活に興味を持ち、 現在はケニアで生活。